株式取引の特徴のまとめです。

MENU

株主優待という制度は株式取引特有のものです

株式投資が他のあらゆる投資法と異なることは、株主優待という制度にあります。これは、一定数の自社株を保有している株主に対して、その謝礼として自社製品や商品券などの物やサービスを提供することです。

 

投資家の中には、株の値上がり益よりも株主優待を目当てに株を購入している人も多いです。特に人気があるのが、外食産業の株主優待です。ほとんどの企業では、自社の店舗で利用できる商品券や無料回数券などを提供しています。
"

株式投資の醍醐味は株価の動きを当てることです

株式投資の醍醐味は、自分が吟味して購入した株が、その後狙い通りに上昇することにあります。自分の期待通りに大きく成長する姿を見ることは、まるで子どもが大人になって大成功をおさめるかのような喜びを与えてくれるものです。

 

ですから、初心者の人は、まずは自分が興味を持っている分野の株を購入するといいでしょう。その業種の中で、今後の成長が期待できそうな企業や、新たに上場を果たした企業の株は、今後大きく値上がりする可能性があります。

 

株式投資にはしっかりとしたリスク管理が必要です

株式投資というのはリスクの伴うものだけに、その管理をしっかりと行う必要があります。リスクの管理さえしっかりと行っておけば、大きな損失を出すということも無く少しずつ利益を積み重ねていくことができるのです。

 

株式投資を行うとついすぐに結果を求めてしまいたくなるものですが、投資というのは長い時間をかけて少しずつ利益を積み重ねていくものであるため、あまりに短期間で結果を求めすぎると逆に損を増やしてしまうことになるので、あせらずじっくりと投資をしてみてはどうでしょうか。"

投資をする人を増やすために政府が税制を優遇している

株式投資は気軽に資産を増やす方法としても注目されています。今までは銀行に預けることをしていましたが、低金利時代ということで金利がほとんどつかないということがここ何年も続いていました。

 

株式市場に投資する人が増えていることから値段も上がりやすくなっています。手数料が少なくなっていることや、投資をする人を増やすために政府が税制を優遇しているので株式投資を行う人が増えています。投資の敷居が低くなっていることも要因です。"

株式取引の特徴についてまとめました関連ページ

株式とは何かということについてまとめてあります
株式とはどういうものかを初心者向けに記述しています。