FXのスプレッドについての説明です。

MENU

スプレッドとは通貨ペアにおける取引の買値と売値の差額のこと

FXを取引する上で知っておきたい部分として、スプレッドを挙げることができます。このスプレッドは、通貨ペアにおける取引の買値と売値の差額のことであり、投資家が支払う手数料のようなものです。

 

この差額が広いと、取引をする度に費用が多くかかってしまいます。しかし、最近のFXは、このスプレッドが狭い業者が多くなってきているので、頻繁に通貨の取引をするようなデイトレーダーであれば、スプレッドがより狭い業者を選ぶとよいでしょう。

FXのスプレッドを考慮してFX業者を選ぼう

FXスプレッドとは通貨間における買値と売値の差になります。例えば、1ドル100円になっていたとしても1円がその逆数の0.01ドルで取引できるわけではありません。少し小さい値になり、仮に為替が常に一定ならある通貨を売買を経由して元の通貨に戻しても損することになります。

 

FXスプレッドが生じる要因は市場の構造上の理由だけでなく、スプレッドから業者が利益を得ているというのもあります。

 

いわば、FXスプレッドはFX取引の変動手数料とも言えるもので、機能や質等が同じであるならば小さい程望ましいものになります。手数料という名目で既にお金をとってるので二重取りであるようには思えますが、業者としても費用には固定費用と変動費用があるので、ある意味では理にかなったものといえるかもしれません。

 

取引高が大きい程スプレッドは無視できないものとなっていきます。普通の固定的な手数料も含めてどのくらいの料金を払うか考えてFX業者を選ぶ必要があります。